赤珊瑚の価値が高まっています!

【赤珊瑚の価値が高騰しているのはなぜ?】

現在、赤珊瑚の買取価格(価値)が高騰しているのをご存知でしょうか。
10年前と比べてみると、その価値は10倍以上にまで膨らんでおり、
今後もその傾向は続いていくものと見られます。

そんな赤珊瑚ですが、街中でそんなに身に着けている人を見かけることがありません。
ダイヤモンド、パール、トパーズなどと比べてみると、きらきらと輝くのではなく
落ち着いたマットな美しさで華やかさの面では劣っているかもしれません。

【海外諸国で人気が急上昇】

そんな赤珊瑚がなぜ高騰しているのでしょうか。
その理由は中国をはじめとした海外諸国の影響です。
今中国では赤珊瑚が大変な人気となっており、その影響で価値が高騰しているのです。
特に中国では、赤が縁起の良い色(国旗も赤ですね)とされているので、
赤珊瑚に対する考え方や価値観はほかのどの国よりも高いのかもしれません。

【赤珊瑚が減少している原因】

そこに、近年赤珊瑚がなかなか獲れなくなってきているという切実な事情が絡んできます。
その結果、希少価値が高まり、買取価格が高騰しているのです。

ちなみに、赤珊瑚が獲れなくなってきている理由はいくつか挙げられます。
一つは珊瑚の白化現象といわれるもの、そしてもう一つ大きな問題は
残念なことに人間による乱獲です。

白化現象は水質の汚染や水温の変化により、デリケートな珊瑚が死滅してしまう現象です。
現在では多くの場所で、珊瑚を守る活動が広がっているようなので
未来に期待したいですね。

もう一つの問題の乱獲に関しては、現在でも大きな問題となっています。
赤珊瑚は生息域が非常に小さく、限られた場所でしか成長しません。
そのうえ、成長速度が非常に遅く、一度傷ついてしまったサンゴ礁が
元の状態に戻るまでは数十年から数百年かかるともいわれているのです。
養殖は難しく、適切な環境が揃わなければできないため、非常にハードルは高くなっています。

乱獲により、当然のことながら生息数は劇的に減少し、
遂には赤珊瑚は絶滅の危機に直面するまでに至りました。
皮肉な事ですが、こういった事も赤珊瑚の高騰の理由になってきます。

【赤珊瑚を売るタイミングは今!】

生息数が多く、なおかつ簡単に手に入るモノには付加価値は発生しません。
希少価値が高いからこそ、人々は憧れを抱くのです。
とはいえ、宝石というのは少なからずそういった側面、
もっと言えば宿命を帯びた品物であります。
価値が高まっているこのチャンスを上手く活用したいものです。

【さくら鑑定の宅配買取りを利用してみませんか?】

さくら鑑定ではそんな赤珊瑚の買取りを宅配にて行っております。
赤珊瑚の指輪ネックレスなどのジュエリーから観賞用赤珊瑚・赤珊瑚の原木も
喜んで買取りいたします。
専門のスタッフがしっかりと査定させて頂き、お客様に喜んでいただけるような
買取りができるよう、心がけております!

ぜひさくら鑑定の赤珊瑚宅配買取りをご利用くださいませ。

買取り方法の説明はコチラ

電話でのお問い合わせはコチラ

LINE査定をご利用の方はコチラ